これってうつ病なの!?診療内科へ行くポイントと選び方


心療内科へ行くポイントは

誰がいつなってもおかしくない「うつ病」という病気。一般的に「眠れない日が続く」「食欲がない」「やる気が起きない」などの症状が1~2週間くらい続くことが目安です。このような症状が続いても、自分にうつ病の可能性があることを認められず、なかなか病院に行けない人もいるでしょう。このような症状を放置してしまうと、さらにストレスを溜め込んでしまい、症状が悪化してしまう恐れがあります。ストレスからくる身体の不調は心療内科で受診できますが、「死にたい」と考え続けてしまうような精神的な不調にまで及んでしまうと心療内科ではなく、精神科を受診することになってしまいます。病院で処方された薬ですぐに良くなることも十分にあるため、早めに気づいて病院に行くことが大切です。

どのように病院を選んだらいいのか

最近では、インターネットに治療内容やどんな医師が所属しているのかなど詳しく載せている病院が増えました。それを参考に、自分が抱えている悩みや症状を扱っている病院を探すことが第一でしょう。しかし、悩みを抱え判断力が鈍った状態で、適切な病院を見つけ出すのは難しいです。まずは、自分が通いやすい立地と時間帯に受診できる病院へ行ってみましょう。

診察は、カウンセリングから始まります。心療内科の先生もさまざまなので、このときに話をした印象をもとに病院を決めることも大切です。「親身に話を聴いてくれる」や「この先生だったら自分の気持ちを分かってくれる」と思えるなら、自分に合っている病院の可能性が高いです。病気を治すために通い続ける場所なので、「この先生と一緒なら治せる」と希望を持てることが重要でしょう。このようなことを参考に、できるだけ早く受診しましょう。

サポート体制が整った心療内科を梅田で探すなら、初診でクリニックの雰囲気をつかむことが大切です。心の問題にしっかり寄り添ってくれる医師に出会えれば、早期回復を目指した治療も受けられます。